おったまげ通信

アメリカの失業者の士業保険の申請の数がものすごい数に上っています。

 

その数なんと31.2万件。

 

31.2万人が失業しているのです。

 

日本のどこかの市の全員が失業していることになっているんです。

 

失業保険は当然税金です。

 

仕事がないのは企業の事情?

 

それとも個人の怠慢?

 

そのどちらかも原因かもしれませんが、いったいいくら税金で賄われているのでしょうか?

 

計算するとまじめに納税している人は気絶するでしょうね。

 

日本でもよく失業保険の詐欺でつかまっている人がいます。

 

アメリカではそんなニュースはあるのでしょうか?

 

とにかくアメリカの経済が復活しているというニュースは耳にします。

 

しかし裏ではとんでもないことになっている、この現実にオバマさんは直面しているのでしょう。

 

損しない保険 学資保険

続きを読む≫ 2014/06/20 19:04:20

離婚にはとても時間とお金がかかります。

 

離婚裁判、調停どちらにしても同じです。弁護士を使っても早く解決するとは限りませんが、自力でやるよりは早く、労力もかかりません。

 

離婚になると色々な手続きが必要になります。

 

主に親権問題とお金です。

 

裁判の場合は弁護士が入りますが、離婚調停の場合は、家庭調停委員という人がお手伝いをしてくれます。

 

日本の法律ではいきなり裁判を起こすことが出来ませんので、まずはこの調停委員さんにお世話になるわけです。

 

いわゆる仲介人です。

 

しかし、この仲介人さん、あまり頼りになりません。

 

味方になってくれればいうことはありませんが、敵になることもあるのです。

 

不適切ともとれる発言をすることもありますが、感情的になって増々関係を悪化せても良いことはありませんので、まずは冷静になってなるべく話をこじらせないよう落ち着いてことを進めましょう。

 

離婚に必要なことは、忍耐です。

 

離婚弁護士費用の保険があります

続きを読む≫ 2014/06/20 14:24:20

石垣島に新空港が出来てここ数か月、観光客数はうなぎのぼりです。

 

平成25年 1月 43737人  → 26年1月  56279人
平成25年 2月 49187人  → 26年2月  66279人
平成25年 3月 75076人  → 26年3月  87028人

 

石垣島は八重山諸島、尖閣諸島問題の中心地です。

 

もちろん観光以外にも島を音連れる人は多いわけですが、それだけ人が来ていると経済も発展します。

 

観光以外に石垣では産業が少ないため、観光客を呼び込むためにあれこれアイデアは出されます。

 

ゴルフ場を作ればいいとか、それは自然破壊だとか色んな意見があるわけですが、本当の発展とは何かということを石垣島は突きつけられているでしょう。

 

島の財産はなんといっても海、自然環境です。

 

しかし、経済発展、島民の生活環境の向上を考えるとゴルフ錠がほしいという意見も理解が出来ます。

 

自然と経済発展は比例しないものなのでしょうか?

 

自然保護の代表としては、石垣島のダイビングショップが挙げられます。

 

オニヒトデからサンゴを守る活動も知られていますが、海あっての商売だけにゴルフ場建設には反対でしょう。

 

しかし、お隣の宮古島ではゴルフ場、ダイビングと色々と経済活動も活発です。

 

離島としては大成功を収めている島です。

 

なんとかこの宮古島をいいモデルとして、石垣島も発展していってほしいと願う限りです。

続きを読む≫ 2014/05/28 10:45:28

トヨタがこの13年、税金をはっらっていなかったことを社長が明かしました。

 

法人には決算の仕方がいくつもあって、税務署が認めれば納税義務もなくなります。

 

厳密には、税法にのっとた決算でということになりますのでもちろん合法です。

 

納税はとにかく税務署が認めるのかどうかにかかっています。

 

トヨタはどうにかこうにかうまく会計処理をして、税金を払っていなかったわけですが、世界一の自動車企業になるにあたっては、アメリカで手痛い洗礼を受けていますので、国も温情があったのかもしれません。

 

輸出業は国にとっても日本を良くするために大きな貢献になっていますので、トヨタに対して少し甘くなるのは仕方ないのでしょう。

 

輸出にはリスクも多く、為替変動への対応も大変です。

 

世界が一つになる時代はまだ少し先でしょうけど、せめて日本は一致団結して世界へ進出していきたいものです。

 

 

続きを読む≫ 2014/05/28 10:11:28

戦後日本にある、ひとつ伝説として知られているものに「M資金」があります。

 

10年に一度くらいのペースで詐欺事件のネタとして注目されることがある程度で、他ではあまり表に出てこないキーワードなので、ご存じない方も多いと思います。

 

敗戦によって日本はGHQの管理下に置かれた時期がありました。

 

その時にGHQは日本の中枢にあった貴金属やダイヤモンドなどの巨額な財産も管理下に置き、一部を極秘に流用したという噂があります。

 

噂には続きがあって、それがやがてアメリカと日本の一部の人間だけで超有利に運用され続けている・・・とされています。

 

これに目を付けたのが戦後に活躍した大詐欺師で、「M資金に通じる極秘ルートを知っている。

 

あなたの資金もそこで運用してもらえるので、出資してみては?」と持ちかけて、そのままお金を持ってドロンという手口です。

 

こういう事件の時にしかM資金という名前が出てこないので、怪しい話の代名詞のようになってしまいました。

 

果たしてM資金は本当にあるのか?詐欺師がでっち上げたネタに過ぎないのか?それとも・・・?

続きを読む≫ 2014/05/19 18:49:19

新薬の開発段階で自ら実験台になることで、寝ているだけで数万円ものお金が簡単に稼げる「治験バイト」があるという噂を耳にしたことはありませんか?

 

自分の体を実験台にするのを引き換えに、高収入バイトになるということもあって、何が何でもお金が欲しいという人から大きな関心を集めています。

 

ネットでも治験バイトに関する情報サイトなるものがありますが、内容を見ると単に注目を集めたいだけのサイトも多く、本当に欲しい情報はあまり得られません。

 

実際のところは、どうなのか?

 

確かに治験バイトという「ボランティア」は存在します。あくまでもボランティアとして参加して、負担軽減費や交通費などの名目で報酬を支払う仕組みになっています。
確かに高収入バイトではありますが、せいぜい1日1万円程度で、それほど危険を伴う治験というよりは、すでに安全性が確認されている新薬の認可をとるために必要な臨床データを集めるためという目的がほとんどです。

 

それでもやりたいという人は多いので、大盛況のようですが・・・。

続きを読む≫ 2014/05/19 18:48:19

アフラックがアメリカへ派遣医師を送っています。
この催しは第2回目です。

 

日本の医師をアメリカのがんセンターへ派遣します。

 

なぜこのようなことをするのか???

 

イメージアップです。

 

おったまげ。

 

 

保険会社と医師がこのような結びつきを持つことに懸念を抱きます。

 

保険会社は利益を追求する会社です。

 

社旗貢献と利益追求が同じ方向を向くことは理想的なことですが、保険自体様々な商品が売られ、中にはとても加入者のことを考えた商品ではないものもあります。

 

保険会社はグレーなんです。

 

その業界が社会貢献しているかのごとく取り組みは禁止するべきです。

 

誤解が生じるからです。

 

個人的には芸能人のCMも反対です。

 

自由意思で決めればよいとう話ではありますが、影響を受けるのは当然で、阻止できない人もいるでしょう。

 

グレーゾーンは一度議論すべきですね。

続きを読む≫ 2014/05/15 19:15:15